ロゴ
HOME>オススメ情報>歯科で口腔内ケアをしよう~予防することの大切さを学ぶ~

歯科で口腔内ケアをしよう~予防することの大切さを学ぶ~

男女

虫歯の症状と原因

ミュータンス菌という虫歯の原因菌が、口内で活動しやすい状態を放置していると、すぐに虫歯が発生してしまいます。食後に歯磨きをしないまま放置していると、口内に大量の糖分が残ってしまい、その糖分を餌にミュータンス菌は増殖します。糖分から乳酸を作り出すのがミュータンス菌の特徴で、乳酸はゆっくりと歯の表面のエナメル質を溶かしていくのが、虫歯ができる原因です。歯の一部が溶けてしまっていると分かったら、すぐに神戸の歯科で治療を始めなければ、乳酸が歯の根元まで溶かす事になりかねません。象牙質まで虫歯の影響が及ぶと、食べ物を口にしていない状態でも痛みが発生するようになり、歯磨きをしているだけでは対処が難しくなります。

口元

年を重ねることで高まる歯周病リスク

歯周病を発症した際のリスクは、年齢を重ねるごとに高まりやすく、心臓や肺にまで歯周病の影響は及びます。すでに心臓が弱っている方々が歯周病を発症すると、血管を通じて菌類が心臓にまで辿り着き、心臓発作が起きるリスクを高めてしまいます。歯垢や歯石が口腔内を経由して、肺に入り込んでしまうだけでも肺炎の発症リスクは高まるので、初期段階の歯周病でも神戸の歯科で治療を受けてください。口腔内の細菌が血管に入り込むと、インスリン抵抗性を高めてしまう事もあり、血糖値のコントロールが難しくなります。低血糖や高血糖に苦しんでいる方々は、血糖値の調整だけでなく口腔内のケアにも力を入れる必要があると考えて、普段から歯周病対策を行ってください。